ざっしょくもんべべのきっちん

話下手な奴がけーぽの沼から実況中継するブログ

MONSTA X <WE ARE HERE> PHOTO TEASER #1 からの考察 と2018ワルツ(The Connect)の映像を見て得た情報

 

アルバム発売までに小出しで公開される写真はフォトティーザーというのは正しいのかわかりませんが、フォトティーザーとしています。

 

#1、#2の写真が公開されたーわ~い

 

#1の写真が公開された時点で、

「え一発目から全員分出すの??????????」

って思った。いつもこうなの?

 

写真はティーザーって言われてはないし、考察なんてしなくていいっしょとか思ってたけど、割としてる人いた。のでやる(すぐみんなのマネする)

 ※キヒョンとヒョンウォンのソロショット、ミニョクとキヒョンのツーショットからは読み取れることがなかったor他のメンバーと同じだったので省きました。

 

f:id:iixx:20190209032933j:plain

時計(左から):5:14、6:14、5:14

 

真ん中の四角い時計、どうがんばっても5:14に見えないんだけど、6時台だよね???ショヌの誕生日も考えたけど、18日だし、どう考えても長針は3を超えてない、、、

 

f:id:iixx:20190209033514j:plain

手前の時計:5:14

 

f:id:iixx:20190209033623j:plain

時計(後ろ)(左から):1:15、1:15(ヒョンウォン誕生日)、5:14

時計(手前):5:14

※掛け時計はカウントしてません

チャンギュン:聖書?

f:id:iixx:20190209034118j:plain

時計の上:天使ミカエル(?)

羽がないので天使じゃなさそうなんですけど、右手に剣、左手に盾をもっているなら完全に天使ミカエル。もうちょっと詳しく調べる。

 

f:id:iixx:20190209092800j:plain

f:id:iixx:20190209092814j:plain

この宗教画何~;;

キリスト教 舟」で検索かけてもノアの方舟しかヒットしない、、、;;

 

:追記:

MV考察中、「カロン渡し船」というものを発見しました。

 

f:id:iixx:20190220131731j:plain

これは「最後の審判」の絵です。人間が天国行きか地獄行きかを決定させられる場面。

右下に注目。

 

f:id:iixx:20190220131734j:plain

地獄送りが決まった人間を似せている舟です。

 

チャンギュンの持ってる本のページのほうが平和な描写だけどなんとなく似てる。


 

f:id:iixx:20190209092944j:plain

時計:6:14

f:id:iixx:20190209092950j:plain

後ろの置物:天使ミカエル

こちらのミカエルは右手に剣、左手に天秤を持っています。ので、おそらく最後の審判の時のミカエル?その手前の置物は誰なのかわたしにはわかりません。

 

f:id:iixx:20190209093230j:plain

時計(後ろ):3:01 (ウォノ誕生日)

時計(手前):5:14

ウォノの持ってる振り子(?)の名前ってなんていうの?人生で何回か見たことあるんだけど、何のための道具かもいまいちわからん。キリスト教とか関係ある感じ?

f:id:iixx:20190209093225j:plain

時計:10:06 (ジュホン誕生日)

f:id:iixx:20190209093837j:plain

炎を扱っている(ShootoutMV、previous film同様)

キリスト教では唯一の神とした考え(三つの役割として考えない)なので、こういう表現の仕方があってるのかわかりませんが、、、)

 

ろうそく

  • →キャンドルの炎は聖霊、光を表す
  • →やはり三位一体の神なのか?

 

 

はあああああ相変わらず情報が詰め込まれてる~

そして無宗教人間にとってはキリスト教まったくわからん~

 

 

 あと、the connect world tour in seoulの最初の導入(?)みたいなところで使われてる映像がほとんどprevious filmとリンクしていた件について、、、

 

たまたまyoutubeにあがってるの見たんですけど、これ見る見ないで結構考察変わってこない、、、?

 

ヘリポートにヒョンウォンがいる映像結構かぶってた。

f:id:iixx:20190209105458p:plain

この衣装いい

襟元(タートルネック)が黄色いので水に溺れるシーンの前とおんなじですね

 

f:id:iixx:20190206063214p:plain

previous filmではこのシーンです。

 

f:id:iixx:20190209105506p:plain

 

袖元がかわいい、、、!!!

めちゃくちゃタイプな衣装、、、!!!超かわいい!!!

ここで時計を調整してタイムワープを試みます。

 

f:id:iixx:20190209105513p:plain

字幕:Time Warp is not allowed.

訳:タイムワープは許可されていません。

 

その直後、サイレンの音とともに「タイムワープは許可されていません」との声。DRAMARAMAでウォノがタイムワープしたときの声と同じです。字幕はこの部分しかありませんが、DRAMARAMA同様「Do not take any watch ...」と続いています。

 

 

f:id:iixx:20190209111139p:plain

いやもうここ完全にウォノ意識してるでしょ

(DRAMARAMAでの役割みたいなのわかってないから適当に言ってます。)

ただ単に、ここのショヌどちゃくそにイケメンだったので貼っています。ズームアウトしていく感じも完璧。よき。

 

 

f:id:iixx:20190209111553p:plain

あの、、!!ヒョンウォンが、、、!!ビジュアル担当のヒョンウォンが、、、!!

ちょっとに映ってる、、、!!!(((o(°▽°*)o)))(絞め殺される)

 

ちなみに時計と一緒に水に沈んでる→わざと?壊すため?みんなを守るためとか?

 

字幕:I sometimes felt lonely but I could have been happy because you were at the end of the path.

訳:自分は時折孤独を感じた、でも、自分は幸せだったのかもしれない。なぜならみんなが自分の進んでいく道の先にいてくれたんだから。

  • 韓国語字幕が英語字幕に訳されているのを訳しています。
  • このシーンの前から文章が続いているので、その部分をつけ足しています。

 

(at the end of the path)を直訳すると「(自分の歩くべき)道の終わり」なんですけど、違和感を感じたので意訳っぽくしてみました。

あと(could have been)は仮定法ではなく、過去の推量で訳しています。

 

f:id:iixx:20190209111603p:plain

うーーーーーーーーーーーーーーーーん。わからん。

 

 

f:id:iixx:20190209121936j:plain

あ、ワルツの映像(以降connect、おそらくthe conncet music filmと同じ時空?)でのみんなの時計をまとめてみました。みんなおしゃれでかっこいいけど個人的にウォノちの時計お気に入り。ゴールド持ってないし似たようなデザインのやつ買いたいな~。

 

後は気づいたことをつらつらと書いときます~

 

  • 時計の写真上下の二人組(ジュホン&I.M、ミニョク&ショヌ、ウォノ&キヒョン)は時間・空間を共有。※DRAMARAMAではジュホン&キヒョン、ウォノ&ショヌ、I.M&ミニョクのペアだった。
  • DRAMARAMAで起こった出来事(交通事故、剣道、謎の組織に追われて逃げる+幼少期)の記憶は、connectにいる全員が覚えている。それぞれの出来事の写真も存在。
  • カレンダーから、connectジュホンI.Mペアは確実に2018年にいることが判明。
  • connectのキヒョンはいつの時代を生きているのか定かではありませんが、ジュホンの交通事故のことを引きずっている描写があるので2015年以降である。
  • ミニョクはDRAMARAMAに引き続きconnectでもカフェ店員ではあるものの、異なるカフェである。
  • ショヌは写真を見るといった確実な描写はないが、タイル張りの青い空間での描写からウォノを連想。
  • connectウォノの部屋は間取りは違うがDRAMARAMAと同じ部屋。ベッドとソファも同じ。
  • connectウォノの部屋にある剣道の防具の名前が「キム(金)」と「イム(林)」メンバー誰の苗字でもない。チャンギュンは任のイムです)
  • I.Mがなんか時計のボタン押してた→おそらくここから時間の巻き戻しが開始する?

 

他になんか気づいたことあったら随時追記していく(とおもう)

なんかもうちょっとあった気もするけど考えすぎて頭こんがらがったから思考回路が停止してしまった。

 

 

宗教学なり青い液体なり、色々調べよう調べようと思っていながらも、ふっつーにMV公開されてそう。

まあその時はその時で多分浅はかな知識を駆使して考察する。と思う。

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました

ぜひまた来てください~